フリーローンおすすめ比較ランキング【低金利?審査通る?借り換えOK?銀行選び方】

低金利?審査通る?借り換えOK?銀行選び方

おすすめフリーローン、カードローン比較ランキング

一般的にフリーローンはカードローンに比べると低金利に利用することができます。また使いみちも自由なので、非常に便利です。ただし、最近はカードローンの金利も低くなり、フリーローンよりも低金利の商品も出始めました。

フリーローンは融資までに時間がかかることや、繰り返しの借り入れができないことを考えると低金利の銀行カードローンのほうが使い勝手がよく、金利もそれほど変わらないといえます。

基本的には、はじめからまとまった金額が必要で、何年もかけて返済していくのであればフリーローンを。必要な金額がその時々で変わってきたり、よりフレキシブルに利用するならカードローンを利用するのがお得でしょう。



フリーローンの特徴

◆フリーローンとは?

フリーローンとは?

銀行のローン商品は、大まかに2つに分けられます。

住宅ローンや教育ローンなどの決まった目的のために使う目的ローンと、フリーローンやカードローンなどの自由に目的を決めて使える多目的ローンです。

目的が決まったローンなら説明しなくても分かるけれど、目的を選べるローンについてはよく分からないという人も多いでしょう。

銀行のフリーローンはオススメだという話も聞きますが、それは本当でしょうか。

それぞれの違いについて比較しながら、見て行きたいと思います。



◆カードローンとフリーローン

カードローンとフリーローン

自由な目的で利用できる多目的ローンの代表となるのが、カードローンとフリーローンです。

カードローンはフリーローンに比べて金利が高く、提出書類が少なく、融資を受けるまでの時間が速くなっています。

また1度融資を受けると、限度額を上限として何度でも追加で借り入れることが出来ます。

対してフリーローンは、カードローンよりも金利が低く、提出書類が多く、融資を受けるまでに多少、時間がかかります。

そして1度融資額を決めると、追加の借り入れは出来ません。



いざというときに備えるためならカードローンがおすすめです。



◆フリーローンは審査が甘い?

フリーローンは審査が甘い

フリーローンの「追加の借り入れが出来ない」という特徴は、一見するとデメリットに見えます。

しかし「返済中に余計なお金を引き出さないため、ローンの完済を目指しやすい」と考えれば、メリットにもなります。

実はこの観点から、フリーローンを利用する人は、コツコツ返済してくれる顧客だとして、審査基準が甘いという説があります。

ただ、同じ銀行でローンを同時に申し込むことは出来ませんし、銀行によって多少なりとも審査基準に違いがあるため、絶対とは言いきれません。

それに審査の速さや自由度の面では、どうしてもカードローンに分があります。

手軽さを重視する人には、フリーローンはオススメできません。

もし審査落ちしたら

審査の内容は明かされないことになっているため、審査落ちの理由については、自分で分析するしかありません。

できれば、冷静になるためにも少し時間を置きましょう。

複数のローンで立て続けに申し込みや審査落ちを繰り返すと、その記録が半年程度残るため、審査にも影響が出るかも知れません。

同じような状況で借りた人はいないか、自分の信用情報に傷がついていないかなど、情報を集めれば見えてくることもあります。

間違っても、素性の知れない闇金に手を出して経済破綻しないよう、気をつけましょう。



金融機関での借り入れ情報 全国銀行個人信用情報センター
クレジットカードの借入情報 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
貸金業者での借り入れ情報 株式会社日本信用情報機構(JICC)

フリーローンとカードローンの違いまとめ

フリーローンとカードローンの違いまとめ

フリーローンは、利用目的が自由と言いながらも、様々な制約がある商品です。

審査基準が甘いという話があり、目的を持ってコツコツ返済したい方にはオススメです。

より自由度の高い商品であればカードローンがオススメです。



◆フリーローン5つの特徴

  • 全体的に金利が低めである
  • 融資限度額はカードローンより少額
  • 追加融資が受けられない
  • 審査に時間がかかることが多い
  • 審査基準が甘い


◆カードローン5つの特徴

  • 全体的に金利が高めである
  • 融資限度額はフリーローンより高額
  • 追加融資が受けられる
  • 審査が速く、最短即日で終わる
  • 審査基準が厳しい

フリーローンの場合、審査でチェックする項目が多く、時間がかかります。

また、1つの決まった目的についてお金を借りるため、再度融資を受けたい場合は、再度、審査を受けるところから始めなくてはなりません。

その分、返済計画が立てやすく完済が速いため、金利が低く、審査基準は甘くなる傾向があります。

銀行のカードローンの場合は、審査に時間が掛かりにくく、融資限度額内であれば、申請しなくても追加で融資が受けられます。

その分、返済が長期になる可能性も出てくるため、金利を高く設定したり審査基準を厳しくしたりすることによって、バランスを取ってあります。

さらに消費者金融のカードローンなら、より速く簡単に融資を受けられます。

ただし、金利が更に高いことと、借り入れ額を年収の3分の1までとする総量規制があることから、融資額は少額になります。

そのデメリットを補うために、30日間は利息が掛からないとしている会社もあります。


フリーローンの申し込み条件

フリーローンの申し込み条件

フリーローンの借り入れ額は、最大500万円等、高額な融資になることもあります。

そのため、それぞれの商品で申し込みの条件が明確に決まっています。

必ず満たす必要があるのは、満20歳以上であることと、保証会社から保証を受けられることです。

未成年者や保証を受けられない人物については、返済能力に問題があるとして、ローンを組むことが出来ません。

この他に、年収200万円以上や勤続年数1年以上といった条件がついていることがあります。

要するに、「安定した収入がない人には貸せない」ということです。

そのため、収入を証明する書類は不要と書かれていても、融資希望額が高額であったり、パートやアルバイトで生計を立てていたりする場合は、書類の提出を求められることがあります。

経済的に安定していることを証明できないと、審査に通ることは難しいようです。

経済的に安定しているとは、今後も同程度の収入を得ることが出来る、ということです。融資後に返済が滞ってしまっては困るため、体力が厳しく収入の多くが年金になる65歳以上の人なども、商品によっては、申し込みが出来なくなっています。

これはつまり、申し込みの段階で"安定した収入を持ち、返済能力がある人物を選んでいる"ということです。



◆地方銀行に追加される条件

地方銀行に追加される条件

フリーローンを申し込む際、都市銀行やネット銀行にはない、地方銀行だけの条件として「その銀行の営業所が居住地や勤務先にあること」というものがあります。

大きな銀行ではインターネット上ですべての手続きを済ませることも出来ますが、地方銀行では設備が整っていないため、そこまでの対応は難しくなります。

窓口で本人確認を行ったり契約を取り交わしたりすることで、契約者と銀行、双方の商品に対する不安を解消し、スムーズに契約を進めることが出来ると考えましょう。



◆フリーローンの申し込み条件のまとめ

フリーローンを申し込むための条件は、年齢や保証会社の保証を受けられること、そして安定した収入を示すこと…つまり「返済能力があること」です。

地方銀行ではさらに、営業所がある地域で、窓口へ出向くことが条件となることがあります。

フリーローンの選び方

フリーローンの選び方

フリーローンは、多くの銀行で取り扱われています。銀行には3つの形態があります。


  1. 地方銀行…窓口での対応を基本にしていることが多く、不安点を確認しながら申し込みが出来ます。上限金利がカードローンと変わらないのがネックですが、給与振り込み口座に設定するなどの条件で金利の引き下げを行っています。
  2. 都市銀行…全国各地に支店があるので、住む場所が変わりやすい人でも返済が容易です。来店が難しい場合は、ネットや郵送でのやり取りで済ませることも出来ます。年収や勤続年数の条件が決まっていて、金利が低いことが多いです。
  3. ネット銀行…店舗がないため、すべてネット上で手続きを済ませることが出来ます。上限金利については地方銀行に近いので、日中は忙しいなど窓口へ行けない事情がある方向けと言えます。


次は銀行ではなく、選びたいローン商品の特徴をあげてみます。


  • 金利が10%に満たない
  • 繰り上げ返済の手数料がかからない

以上2点です。では、それぞれ見ていきましょう。



◆金利について

金利について

ローンを利用するとき、金利が高く返済期間が長いと、そのぶん利息が増えてしまいます。ローン返済シミュレーター(http://sp.eloan.co.jp/sim/payment.php)を利用して、簡単に計算してみましょう。

たとえば借り入れ金額300万円・金利14.5%だった場合、7年間(84回)では月々57,052円の返済で、利息は総額1,792,361円かかります。

5年間(60回)では、月々の返済は70,585円で利息は総額1,235,091円。3年間(36回)では、月々の返済は103,263円で利息総額717,466円です。

実際にはボーナス返済も考慮に入れるため、このように現実味のない返済プランにはならないでしょうが、返済期間に応じて利息総額が大きく変わってくることが、お分かりいただけたと思います。

もし金利が低かったら、どうなるでしょう。今度は借り入れ金額300万円・金利6.0%で見てみます。

7年(84回)では月々43,826円に利息681,356円、5年(60回)では月々57,998円に利息479,904円、3年(36回)では月々91,266円に利息285,569円の返済になりました。利息の総額がまったく違いますね。

金利が10%未満であれば、たとえ返済期間が長くても利息がつきにくいのです。



◆繰り上げ返済について

繰り上げ返済

さらに完済を速くするために利用したいのが、繰り上げ返済です。

これは、あらかじめ銀行に連絡し、返済額の一部または全部をまとめて払ってしまう返済の仕方です。

完済が速いということは、そのぶん利息が減らせるということです。

ところが、銀行によっては繰り上げ返済に5,400円の手数料が掛かることがあります。

こうなると、利息を減らした意味が薄れてしまいます。



◆カードローンと比べてみると

カードローンと比べてみる

ここまでフリーローンについて書いてきましたが、はじめに伝えたように、カードローンと呼ばれる商品もあります。

借り入れたい日まで時間がない、年収や勤続年数が条件に合わない、利用目的が複数ある、返済中に追加融資を申し込みたいなどの場合は、カードローンを視野に入れてみるといいかも知れません。

銀行のカードローンは、即日融資の可能性は低いものの、年収による融資額の制限がありません。

上限金利は高いですが、借り入れ額が増えると金利が下がるので、既にあるローンの借り換えなどで多く借りたい人に向いています。

銀行とは別に、消費者金融のカードローンもあります。

金利が高めで、借り入れ額は年収の3分の1までという総量規制がかかる一方で、審査が最短30分で終わり即日融資を受けやすいという特徴があります。

また、会社によっては利息がかからない期間を設けていたり、コンビニで借り入れが出来たりすることもあります。

速く少ない金額を借りたい人は、そちらがオススメです。


◆フリーローンの選び方まとめ

銀行や消費者金融には、数多くのローンが用意されています。

自分に合った商品を見つけ、無理のない返済計画で、楽しいローン生活を送りましょうね。



即日融資できるの?

◆時間がかかりがちなフリーローン

即日融資できるの?

銀行の審査を受けてフリーローンの借り入れをするためには、所定の時間がかかります。

申し込まれた情報をもとに個人信用情報(クレジットカードやローンの登録情報、利用履歴、申し込み履歴など)を調べることを、審査と言います。

審査が終わり正式な契約が結ばれれば、開設した口座にお金が振り込まれる仕組みです。

フリーローンの審査から借り入れまでの期間は、だいたい一週間前後です。

借り入れまでの期間が短くなるよう銀行の対応も速くなってきていますが、口座がない場合は新たに開設する必要がありますし、カードを郵送する期間などもあるため、対応に時間が掛かるのが一般的なようです。

資金が必要になると分かったら、なるべく早く準備を始め、申し込みを済ませた方がいいでしょう。

前もって資金が必要だと分かっている場合はいいのですが、どうしても急にお金が必要になることもありますよね。

もともと生活が厳しかったところに、配偶者が病気で働けなくなってしまうなど。

日常生活を送りながら予測がつかない大事にまで備えるのは、なかなかに難しいことです。



 

◆即日審査で即日融資!

即日審査で即日融資

少しでも速くお金を借りたい…そんな時には、即日審査を行ってくれる銀行に申し込みましょう。

審査が速く済むということは、それだけお金の受け取りが速くなるということです。

即日融資をしてくれる銀行もありますから、条件に合う銀行を探してみましょう。

また、同じ銀行でもフリーローンよりカードローンの方が審査が速い傾向にあるようです。

即日融資を求めるなら、カードローンを選ぶのも1つの手です。

条件に合う銀行がない場合は、消費者金融の無人契約機を利用する方法もあります。

消費者金融の審査は、最短30分です。無人契約機ではオペレーターと直接やり取りしながら契約書の作成ができますし、キャッシングカードもその場で発行されます。審査さえ通過すれば、すぐに融資が受け取れるのです。


◆即日融資まとめ

  • 即日融資を受けたいなら、審査に時間がかからないこと、手続きがスムーズに進むことが必要です。なるべくなら午前中に申し込み、審査の間に書類の準備や確認を済ませましょう。
  • 不測の事態は誰にでも起こりうることですが、ローン申請には多少の時間がかかるものと理解し、余裕をもって臨めるといいですね。


主婦が審査に通るには

◆専業主婦は借りられない?

専業主婦は借りられない

フリーローンの申し込みは、20歳以上で安定した収入があることを基本的な条件としています。

ですから、収入がない専業主婦が1人でローンを組むことは難しいです。

しかし、どこでも借りられないという訳ではありません。安定した収入を示すことで、専業主婦にも契約できるものがあります。



◆配偶者の収入でお金を借りる

配偶者の収入でお金を借りる

銀行のローンには銀行法が課せられているため、消費者金融のような総量規制はかかりません。

総量規制というのは、借り入れ額を年収の3分の1までとする制度です。

その規制がないため、フリーローンなら、夫が他の業者から借り入れをしている場合などにも、契約することが出来る可能性があります。

おまとめローンという、複数のローンを1つにまとめてくれる商品もあります。

借り入れ額によっては、今より低い金利で借り換えが出来るかもしれません。

このように配偶者の安定した収入を示すことで借り入れが出来る制度を「配偶者貸付制度」と言います。

ただし、消費者金融の場合は総量規制があるため"夫婦2人分の借り入れ額が夫婦2人分の年収の3分の1以内である場合に借り入れが出来る"としてあり、借りられるとしても、その金額は低くなるでしょう。



◆専業主婦自身でお金を借りる

専業主婦自身でお金を借りる

ここまでに述べてきたのは、配偶者の同意書や収入証明書を使ってローンを組む方法です。

しかしやはり、時には夫に内緒でお金を借りたいケースもありますよね。

「長年の友人との旅行にどうしても行きたいけれど、夫に頼んでも費用を出してくれないから、自分で用立てたい」など。

そんなとき、もしパートなどで定期的に収入を得ていれば、配偶者にも知られずにローンを組める可能性があります。

特に勤続年数が長かったり、継続して一定の収入を得ていれば、専業主婦でも安定収入があるとして、契約できる可能性は高くなります。

申し込みから契約完了まで、すべて電話やネットで済ませられる商品もありますし、郵送時に金融機関の名前を書かずに送ってもらうことも出来る場合があります。

まずは金融機関に相談してみましょう。



◆主婦の借り入れまとめ

専業主婦でも、配偶者の同意を得たり、自身の収入を示したりすることで、フリーローンを組めること場合があります。



繰り上げ返済活用術

◆繰り上げ返済の違いは?

繰り上げ返済の違いは?

ローンの完済を速くする方法として、借り入れ額の一部あるいは全部を一括して返済する「繰り上げ返済」があります。

この点でも、フリーローンとカードローンの間には違いがあります。

フリーローンでの繰り上げ返済は、申請すればいつでも可能なのですが、全額を一括で返済する場合に限られたり、手数料として5,400円が掛かったりすることがあります。

ですから、繰り上げ返済を活用して返済を進めたい時には、手数料無料で利用できる銀行を選ぶ必要があります。

その点、カードローンは繰り上げ返済をいつでも無料で行うことが出来ます。

金利が高く月々の返済額が少額なので楽なのですが、そのまま返済していたら利息が溜まり、損をしてしまいます。

手数料が無料であることを生かして、どんどん繰り上げ返済をしていくのが、完済への近道になります。



◆繰り上げ返済まとめ

繰り上げ返済は、ローンの早期完済のために有効な手段です。

特にカードローンは、繰り上げ返済を活用すると、利息を減らしやすいです。

ただ、繰り上げ返済をすることで生活に支障が出るようでは困ります。

自身の能力に見合った返済額を見極め、無理のない範囲で行っていきましょう。





前の記事